マーケティングデータ活用サービス

近年、「ビッグデータ活用」「AI(人工知能)」「IoT」といった言葉は当たり前に耳にするようになりました。メディアではフィンテックなどの先進性が注目されますが、もはやあらゆる業種・業界でDX化が推進されており、ビジネスの創造にテクノロジーを駆使することは必須と言える時代です。

特にデータ活用は、経営はもちろん、製造業の生産性向上やSCM、マーケティング、組織業務改革など、幅広い領域で取り入れられています。AIや機械学習(マシンラーニング)、深層学習(ディープラーニング)といった技術を用いることで、さらに効率よく成果を生み出すことが可能になると期待されています。

根底には、世の中の変化が速くなりますます予測が難しくなっているということがあります。課題の把握、最適な施策の立案・策定、効果の検証・改善といったPDCAサイクルを、いかに素早く正確に回すかが企業活動のカギとなります。そのためにはビッグデータの分析・活用が欠かせません。

データ活用に立ちはだかる組織課題

データ活用がもたらすメリットは理解しつつも、

  • データサイエンティストのような高度なスキルを持つ人材が社内にいない
  • 蓄積されたデータはあるが課題解決に活かしきれていない
  • 自社に向いているツール・プラットフォームがわからない
  • そもそも、どこから手をつければ良いかわからず二の足を踏んでいる

などでお困りではありませんか?

Submarineのデータ活用サービスは、これらのお客様のデータ活用課題を解決いたします。

Submarineのデータ活用サービス

私たちは、データとビジネス・インテリジェンス(BI)の専門家集団です。特にマーケティング領域におけるデータ活用を得意としております。

Submarineの強み

Data Science ― ビッグデータ・AI(人工知能)・IoTをはじめとした最先端技術への知見

Marketing ― 蓄積されたナレッジ・ノウハウと実績

Flexibility ― ベンダーフリーの立場を活かした柔軟な提案

Submarineのサービス内容

  • データの整理・視覚化・分析
  • ダッシュボードの作成
  • データ分析プラットフォームの構築・整備
  • 最適なツールの選定・導入・運用の支援
  • データ活用をビジネスプロセスへ適用させるためのロードマップ作り

課題のアセスメントから継続的な運用まで、全体を通し徹底的にお客様に寄り添います。データを「ただ蓄積された情報」から「成果を創出するための価値ある情報」へと変化させ、お客様が目標実現までのシナリオを描けるようお手伝いいたします。

マーケティングに限らず、データ活用でお困りのことがあればお問い合わせください。

課題解決に導くためのアプローチ

BIツールによる可視化

  • お客様がマーケティングのパフォーマンスと結果を理解できるように、データをわかりやすく見える化します

ニーズに応じた設計

  • 測定方法、結果、指標、KPIをお客様に合わせて設定します

ワンランク上のマーケティング解析

  • クリック数やコンバージョン率のほか、ユーザー行動データとCRMや顧客データも連動させて解析することができます

データ分析基盤の構築・カスタムクエリ(SQL)の作成

  • 蓄積されたデータをより意味のある情報として分析できるように、データプラットフォームを構築します

データインフラのレビュー

  • データ取得やトラッキングのあり方を見直し、システム構造上の課題を解消します

お客様に寄り添うサービス

  • お客様が使用しているETL技術やプロセスに精通するよう努めます

具体的なサービス事例

  • お客様のビジネス課題の現状を分析し、データ活用要件の整理と、レポート化された解析結果をご提供します。
  • マーケティングにおける技術課題を解決するためにETLの実装・プロセスの自動化をご提供します。
  • お客様のデータウェアハウスやデータマートを活用し、最適なカスタムクエリ(SQL)を構築します。
  • TableauやData Portal などの最新のBIツールを使用し、経営指標のモニタリングダッシュボードやアドホック分析レポートを作成します。

FAQ | データ活用サービス へのよくある質問

Q : BI プロジェクトを完了するための一般的な期間はどのくらいですか?

ビジネスニーズとデータの可用性に応じて、BIプロジェクトには1週間から数ヶ月かかることがあります。
ただし、ご希望の内容によっては、作業期間の調整やオンデマンドでの提供にも対応いたします。お気軽にご相談ください。

Q : どのようなBIツールを使っているのですか?

Tableau、Data Studio、Datorama、Lookerなどの複数の製品の使用経験があります。ベンダーフリーという中立の立場を活かし、お客様に最適なプロダクトを選定いたします。

Q : どのようなETLソリューションを導入することができますか?

FiveTran、Stitch、Matillion、Xplentyなどのツールの導入をサポートします。
ただし、テクノロジーベンダーとの関係や契約は、お客様自身が行うことになりますのでご了承ください。

Q : 継続的なサポートを受けることは可能ですか?

喜んで、継続的なサポートをさせていただきます。例えば、毎月の分析サポートや、ダッシュボード・カスタムクエリのメンテナンスなどが対応できます。

Q : レポートとアナリティクスの違いは何ですか?

「レポート」とは、デジタルマーケティングキャンペーンで何が起こっているかを示すものと考えています。

「アナリティクス」は、データや情報を通して、物事の発生要因を説明する、よりストーリー性のあるものです。

レポートでは、データを実用的なインサイトに変換してお客様に成果をもたらします。アナリティクスでは、目の前の生の数字に基づいてパフォーマンスを最適化する方法を提案し、明日の成長につなげます。

Q : Submarineのプロジェクトチームはどのようにしてお客様とのコミュニケーションを行いますか?

Submarineの担当者が貴社のアカウントリーダーとしてアサインされます。お客様の要望にあったさまざまな形で継続的なコミュニケーションが可能です。 ※電話、電子メール、プロジェクト管理ツール(Trello、Asana、JIRA、Slack、Notion)などのチームコラボレーションツールなど

継続的にクライアントチームと連絡を取り合い、次の週や月の計画を立てていきます。また、定期的なミーティングでは、ビジネスやチームメンバーの成長ために詳細に話し合うことができます。

Q : アカウントマネジメントはどのように行われるのですか?

Submarine担当チームは、プログラムの規模や複雑さに応じて構成されます。すべてのお客様に、データサイエンス・マーケティングビジネスのナレッジを持つアカウント・リードが提供されます。アカウント・リードはスペシャリストとアナリティクス・エンジニアのチームで構成されます。

弊社のチームは、一般的なデジタルマーケティング代理店よりも少ない数のお客様を担当しますので、より多くの時間を貴社に費やすことができます。

事例 | Tableau ダッシュボード制作

Tableau Dashboard

Tableau Prep Builder

データ活用課題 についての関連記事